その効果とは|映像制作などノベルティの差が企業の差を作る!

映像制作などノベルティの差が企業の差を作る!

その効果とは

電話をしている女性

さて、では実際に映像制作を依頼するとして、それでも気になるのはやはり頼んだ後の結果ですよね。ズバリ損得は商売をするにあたって重要なポイントです。
他人事でも良いので、実際頼んでみてどうだったのか聞いてみたいところでしょう。そこで、いくつかの声をまとめてみました。

まずは、自分がイメージしていた事をさらに広げて考えてもらえて、考えもしなかったような思っていた以上の形が作れたという声があります。そこはプロ。親身に相談に乗ってくれて、素人である我々提案者の想像をより大きく広げて、より良い形にしてくれるんですね。
視点も色んな方面から見ていて、積極的提案や意見を貰えていわゆるチームのような感じで作ってくれるという企業が多いそう。これはいいですね。選ぶ基準にしてもいかも知れませんね。
また、販促用映像で売り上げが30%アップしたという声もあります。商品のある暮らしが容易に想像できる動画で、イメージがしやすく効果的だったということですね。
お客様にとって商品と自分を、結ぶイメージがしやすいというのは非常に大切な部分ですよね。そこは映像の専門家なだけあり、説得力のある映像プレゼンが出来たということですね。頼りになる点の一つではないでしょうか。
また、サイトのアクセス数が1.5倍になったというものや、年に2.3回の問い合わせが毎月問い合わせが来るようになったとか、または打ち合わせの際、他の企業と比べて利益の出し方なども相談に乗ってくれたという話も。
どうすれば効果的な広告が作れるかという知識は営業の知識にも活かされているのかもしれませんね。他の業種のそういった知識もあるので、打ち合わせの中から有益な方法を学べるかも知れませんよ。